» 2012

寒河江市内で県産水稲品種「つや姫」を栽培する生産者13人が「つや姫ヴィラージュ(仏語で村の意味)プロジェクト」を進めている。同市高屋の南部小周辺に「つや姫」の水田計15ヘクタールを集め、【村】を形成する。品質や味にばらつきのないコメを生産し、消費者にアピールする他、サポーターイベントの開催など交流の場としての情報発信も視野に入れる。

2007年に県の適地マップ作りに協力して以来、県期待の新品種を栽培する土屋喜久夫さんが中心メンバー。団地化は、土屋さんが12年産つや姫の作付けを計画する仲間に声掛けしたのがきっかけとなり、昨年10月に「つや姫ヴィラージュ」を組織。【村長】に就く土屋さんは「県内のどこで『つや姫』を育てているのか分からない、といった声を聞く。多くの人に見てもらうため団地化を計画した」と説明する。
2012年04月05日 山形新聞

庄内町の余目町農業協同組合(森屋要二組合長)は、ササニシキやコシヒカリ、「つや姫」などのルーツとなった同町発祥のコメ「森多早生」を使った純米酒の開発を進めている。純米酒は「白凛」と名付けられ、町の新たな特産品として来月中旬に販売を開始する。

森多早生は1913(大正2)年、旧余目町廿六木の森屋多郎左エ門が「東郷2号」の変種を選抜しつくり出した品種。高タンパク質米としての遺伝子を持ち、近代品種「農林1号」の親となって、ササニシキやコシヒカリ、はえぬき、つや姫などのルーツになった。

同農協は、森多早生の種子を受け継ぎ、後世に残していこうと毎年、同品種発祥の地・廿六木地区の農家・高梨是男さんに栽培を依頼しており、昨秋収穫したコメ約1200キロを今回初めて酒造りに利用することにした。

醸造は余目地区の蔵元・鯉川酒造(佐藤一良社長)が担当し、現在は発酵作業が進められているという。酒の名前は、他の稲と違う白い穂の森多早生の姿はりりしく、勇ましいというイメージから「白凛」と名付けられた。数量限定の販売になる見込みという。

同農協は「発祥の地で種を絶やさず受け継いでいるコメを、純米酒という新しい特産品の形で広くPRしたい」と話した。また、同農協は組合員が生産した特別栽培米「はえぬき」を原料に、余目地区の蔵元・佐藤佐治衛門(佐藤元代表)の協力で純米酒「米心」(こめごころ)も製造販売しており、「双方とも町内外で親しんでもらえれば」と話している。
2012年4月4日 庄内日報

2010年にデビューし、市場から高い評価を得ている山形県の晩生水稲品種「つや姫」の作付けが全国に拡大している。山形と宮城、大分県に加え、12年から新たに島根、長崎県が奨励品種に採用。5県合わせた12年産の栽培面積は、11年産の2.5倍の約8900ヘクタールになる。銘柄のブランド化には一定以上の出荷数量が必要と考える山形県が、他県に積極的に品種導入を推進。高温に強く、倒伏しにくい栽培上の強みも支持され、増産に拍車が掛かっている。
日本農業新聞02月27日

JA全農山形は15日、モンテディオ山形に県産米「つや姫」のおにぎり、牛乳、果汁ジュースなどの目録を贈呈し、チームを激励した。

選手たちを後押ししようと、JA全農山形が5年ほど前から取り組んでいる。選手たちがホームで試合を終えた後、おにぎりや牛乳、りんごジュースを栄養補給の間食として提供する。

この日、天童市の県総合運動公園サブグラウンドで、練習開始前に贈呈式。JA全農山形の今田正夫運営委員会長が「県産農産物で元気をつけてもらい、ホーム開幕戦で頑張ってほしい」とチームを激励し、おにぎりの巨大模型などを主将のFW山崎雅人選手らに手渡した。中井川茂敏GM、奥野僚右監督は「『つや姫』とモンテの名を全国にとどろかせたい。皆さんの支えに感謝し、ひた向きに戦う」と述べた。
2012年03月16日 山形新聞

山形県がブランド化を進めている県産米「つや姫」の作付面積が2012年、大幅に増加する。県内では前年の倍以上に増える見通しで、隣の宮城県は4倍以上に増加。大分、島根両県など西日本からの評価も高まっており、栽培地域が徐々に広がっている。

◎お膝元は2倍
山形県はことし、県全体で6500ヘクタールの作付けを予定。11年の3197ヘクタールからほぼ2倍になる。生産者を一定規模以上の農家や、低農薬・低化学肥料での特別栽培ができる農家に限定する生産者認定制度を継続し、品質保持を図る。
つや姫は10年に本格的に市場販売が始まり、12年がデビュー3年目。県は全国的な知名度浸透とブランド確立を目指し、県内の料亭や旅館での試食会、関西地区でのテレビCM放映などのPRを予定する。
一方、宮城県はことし、栗原市を中心に昨年の4倍以上に当たる約1500ヘクタールの作付けを予定。県の栽培量の約8割を占める主力品種「ひとめぼれ」からの分散化を図り、収穫期の作業効率を高める狙いがある。
西日本でも作付け地域が拡大している。つや姫は東北地方では晩生(おくて)品種だが、西日本では早生(わせ)品種。温暖化の影響で、つや姫と同じ収穫時期のコシヒカリの品質低下に悩む地域が増えており、高温障害に強いつや姫を代替品種に位置付ける県が増えている。

◎各県から指定
昨年12月に長崎県、ことし1月には島根県がつや姫を県の奨励品種に指定。ことしはそれぞれ120ヘクタール、300ヘクタールを作付けする。10年に奨励品種に指定した大分県も、昨年の100ヘクタールから500ヘクタールに増やす予定だ。
島根県では将来的に、コメの総作付面積の2割に当たる3700ヘクタールまでの拡大を想定。「暑さにも強く、適合性がある。食味や色の白さといった品質もコシヒカリより良い」(農畜産振興課)と期待を寄せている。
長崎県農産園芸課も「コシヒカリより丈が短いので倒伏しづらく、台風が多い長崎でも育てやすい」と高評価。大分県集落水田対策課は「地域適応性が高い品種。今後広い地域で、他の品種からガラッと置き換わることもあり得る」と太鼓判を押す。
山形県県産米ブランド推進課の結城和博課長補佐は「晩生品種なので、県内では最大でも2万ヘクタールまでしか作付けできず、ブランド確立のためには物量が足りない。知名度向上のためにも他県で作付けが広がるのはプラスだ」と話している。
2012年03月25日 河北新報

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 935円 | 東北 495円 | 関東・信越 605円 | 中部・北陸 715円 | 関西 825円 | 中国 935円 | 四国 1,045円 | 九州 1,265円 | 沖縄 1,980円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中
(8時~12時)

14時~16時

16時~18時

18時~20時

19時~21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。

最新情報

過去のお知らせ

発送カレンダー

  • 今月(2022年10月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2022年11月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
    (      発送業務休日)