» 2011

12年産「つや姫」の県内生産について、県は応募のあった全生産者4529人、作付面積6500ヘクタールを認定した。生産者は11年に比べ約1150人、作付面積も3300ヘクタール増やす。県は全国ブランドを確立するため、年間を通した販売を目指しており、生産量は倍以上増やし3万2500トンを見込む。一方、生産者の増大で、高品質や良食味の高水準の生産技術が維持できるのかという懸念もあり、県は栽培指導の徹底を一層強化する考えだ。
県によると、つや姫がデビューした10年は生産者が2573人で作付面積は2500ヘクタール。今年は3373人で同3200ヘクタールだった。
7日に開かれた県議会12月定例会の代表質問でもつや姫の生産戦略の質問が出た。児玉太県議(自民)が「品質・食味と収量を両立させるための対策が急務。栽培面積を拡大していく中で栽培戦略をどうしていくのか」と質問。県農林水産部の菅野滋部長は「(天候などにより)収量や品質に地域差がみられ、つや姫の標準的収量を下回っている地域もある。地域の実情に応じたきめ細かい指導体制を構築したい」と、肥料の量や種子量、土質などを地域の特性に応じて栽培指導を検討する考えを示した。
生産者が増えれば栽培技術指導が行き届かなくなるのではという懸念がある。県は、現在33人を認定している高い生産技術を持つ生産者の「つや姫マイスター」の増員や、研究機関や農業団体と連携して技術習得や情報交換の場を設けるなど、品質維持に努めたい考えだ。
毎日新聞 2011/12/8

12年産「つや姫」の県内生産について、県は応募のあった全生産者4529人、作付面積6500ヘクタールを認定した。生産者は11年に比べ約1150人、作付面積も3300ヘクタール増やす。県は全国ブランドを確立するため、年間を通した販売を目指しており、生産量は倍以上増やし3万2500トンを見込む。一方、生産者の増大で、高品質や良食味の高水準の生産技術が維持できるのかという懸念もあり、県は栽培指導の徹底を一層強化する考えだ。
県によると、つや姫がデビューした10年は生産者が2573人で作付面積は2500ヘクタール。今年は3373人で同3200ヘクタールだった。
7日に開かれた県議会12月定例会の代表質問でもつや姫の生産戦略の質問が出た。児玉太県議(自民)が「品質・食味と収量を両立させるための対策が急務。栽培面積を拡大していく中で栽培戦略をどうしていくのか」と質問。県農林水産部の菅野滋部長は「(天候などにより)収量や品質に地域差がみられ、つや姫の標準的収量を下回っている地域もある。地域の実情に応じたきめ細かい指導体制を構築したい」と、肥料の量や種子量、土質などを地域の特性に応じて栽培指導を検討する考えを示した。
生産者が増えれば栽培技術指導が行き届かなくなるのではという懸念がある。県は、現在33人を認定している高い生産技術を持つ生産者の「つや姫マイスター」の増員や、研究機関や農業団体と連携して技術習得や情報交換の場を設けるなど、品質維持に努めたい考えだ。
県産米ブランド推進課によると、地域別の認定者と作付面積は、庄内が2031人(面積3145ヘクタール)と最も多い。次いで、置賜1101人(1479ヘクタール)▽村山919人(1232ヘクタール)▽最上478人(644ヘクタール)。
毎日新聞 2011/12/8

最上地域良食味米コンクールが6日、新庄市の県最上総合支庁産地研究室で開かれ、「つや姫」部門は柿崎啓一さん(52)=金山町朴山、「はえぬき」部門は田中豊さん(67)=鮭川村庭月=がそれぞれ最優秀賞に輝いた。
品質、食味の良い最上産「つや姫」「はえぬき」を目指し、新・米づくりやまがた日本一運動最上地域本部が主催。管内8市町村から両部門に計92点の応募があり、玄米のタンパク質、アミロースの含有率、良質粒歩合、白度など7項目の1次審査を経て、両部門の上位2点を最終審査した。
審査員22人が炊きたてご飯を食べ比べて香り、軟らかさ、粘り、味などを総合的にチェック。表彰式で柿崎さんは「栽培に自信を持った。つや姫のトップブランド米作りに貢献したい」、田中さんは「一丸となって良質米づくりに励みたい」と喜びを語った。
2011年12月06日 山形新聞

フィリピンの日本大使館で29日に開催される天皇陛下の生誕レセプションで、県産食材を用いた料理が振る舞われることになった。東北の復興支援として大使館側の要請を受けて実現。県などは本年度、フィリピン市場の開拓に向けた県産農産物のプロモーションを初めて行うことから、公式の場で“山形の味”をPRすることで輸出戦略に弾みをつける考えだ。
県産農産物の輸出拡大を目指し、県などはアジア各地でプロモーションを展開している。本年度は5カ国・地域が対象。新規市場のフィリピンでは、12月にマニラの高級百貨店で朝日町産のリンゴとラ・フランスをテスト販売し、市場ニーズを確認する。
県貿易コーディネーターの漆原意(もと)氏によると、フィリピンで日本産の農産物はほとんど流通していないものの、華僑を中心とした富裕層が多く「消費力は想像以上。県産品が入り込む余地は十分にある」という。
プロモーションに向け、県経済国際化推進協議会が現地調査を行った際、日本貿易振興機構(ジェトロ)マニラ事務所を通じて現地の日本大使館と情報交換。その際、東日本大震災の復興支援として東北の食材をレセプションに用いる構想があり、県などが事業公募に応じ採択された。
食材として、期待の県産米「つや姫」の他、山形牛や豚肉、リンゴ、ラ・フランス、野菜類など地元産の多彩な農畜産物を用意。串焼きやとんかつ、芋煮も振る舞い、山形の味覚を紹介する予定。県産果実を用いたゼリーなど加工食品も並ぶという。現地にはジェトロの協力を得て、観光・旅館関係者を派遣する方針。
レセプションには毎年、現地の政界や経済界などから200人ほどが出席するという。漆原氏は「日本の農産物が浸透していない中、山形産をPRする絶好の機会」とし「質の高さを知ってもらうことで、今後のステップアップにもつながるはず」と話している。
2011年11月16日 山形新聞

バレーボール女子プレミアリーグが10日に開幕するのを前にパイオニアの選手らが1日、吉村美栄子知事を表敬訪問した。吉村知事は「地元での試合も多いので楽しみ。活躍を期待しています」と激励。選手に力をつけてもらおうと「つや姫」を各選手に5合ずつ贈った。
訪問したのは、宮下直樹監督と、吉田真未主将、今野加奈子(酒田市出身)、冨永こよみの両副主将の選手3人。宮下監督は「若いチームになったので、一戦一戦全力で戦い抜くことを目標にまずは残留を目指したい」と意気込みを語った。
リーグ戦は来年3月まで計21試合を戦う。県内では来年1月21、22日に鶴岡市の小真木原総合体育館で、2月18、19日は天童市の県総合運動公園総合体育館で各2試合を予定している。
毎日新聞 2011年12月2日

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 935円 | 東北 495円 | 関東・信越 605円 | 中部・北陸 715円 | 関西 825円 | 中国 935円 | 四国 1,045円 | 九州 1,265円 | 沖縄 1,980円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中
(8時~12時)

14時~16時

16時~18時

18時~20時

19時~21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。

最新情報

過去のお知らせ

発送カレンダー

  • 今月(2020年7月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)