» 2011

山形が生んだ銘柄米“コシヒカリ”や“はえぬき”は、明治時代に生まれた“亀の尾”がご先祖様です。
“亀の尾”は山形県庄内町(旧余目町)の阿部亀治氏が育成した水稲品種で、“亀の尾”を交配して、いろいろな品種が生まれてきました。
コシヒカリもその一つで、日本人にもっとも愛されるお米になりました。
つや姫は、そのコシヒカリの美味しさを受け継ぐ品種の改良を重ねて完成しました。
日本人が大好きな味で、もっと美味しい。美味しくないはずがありません。

県内で2011年産米の流通が本格化する中、小売価格は昨年同時期に比べて高値で推移している。JA系統出荷の場合、デビュー2年目の「つや姫」は昨年に比べて5キロ当たり300~400円高い店頭価格が目立ち、「はえぬき」など多くの新米が値上がり傾向にある。JA全農山形は県産米の安全宣言を追い風に販売促進につなげたいとしている。
10年産つや姫の県内小売価格は、5キロ2180円が主流だった。11年産つや姫は8日に県内販売が始まったが、県内量販店の価格設定は、これより300~400円高い5キロ2480円か2580円が多い。
一方、県産主力品種「はえぬき」は、特売で5キロ1700円前後で売る量販店もあるものの、総じて昨年より高値だという。
価格上昇の要因は、東日本大震災後の品薄感などで11年産米の需要が高まり、卸業者からの引き合いが強くなったためとみられる。JA全農山形は卸業者との間で結ぶ相対取引価格で「つや姫」を60キロ当たり1万8000円(10年産終値1万6000円)、「はえぬき」を1万4500円(同1万2000円)などに設定。「つや姫」が販売価格で目標にする新潟産コシヒカリ(一般)の相対取引価格は1万7500円で、「つや姫」が500円上回っている。
小売価格に連動する相対取引価格の引き上げについて、JA全農山形は「昨年と比べて需給環境が大きく違う」と説明。「つや姫」に関しては「新潟産コシヒカリ以上を掲げる県を挙げたブランド戦略に沿って価格を上げた」と話す。
都内の百貨店などで「つや姫」を取り扱う米穀専門店は、5キロ3150円で販売。前年同期比で500円近く値上げし、新潟産コシヒカリ(一般)より100円ほど高くしたという。都内の大手卸業者は「この価格設定で売れるかどうか、消費者の反応を見る必要がある」としている。
10/14 山形新聞

2011年産つや姫の県内販売開始に合わせ、山形つや姫ブランド化戦略推進本部(本部長・吉村美栄子知事)は8日、山形市のホテルキャッスルでイベントを開いた。デビュー2年目を迎えた期待の県産米を全国一のブランド米に押し上げるため、県挙げて取り組んでいく方針を確認した。
イベントには、高い生産技術を持つ山形つや姫マイスター、PR役を果たす山形つや姫サポーター、農業団体の代表ら約150人が出席。吉村知事はあいさつで、福島第1原発事故に伴う放射性物質検査について、つや姫を含む県産米全体の安全を確認したことを説明し「安全でおいしいつや姫を自信と誇りを持って消費者に届けたい」と述べた。さらに「昨年は県全体の応援があったことで高い評価が得られた。2年目がブランド定着に向けた正念場であり、大事な年」と強調した。
マイスターを代表し、小関金也さん(58)=尾花沢市、高橋勝さん(38)=飯豊町、五十嵐大介さん(32)=鶴岡市=が「昨年以上に愛情を注ぎ、白く輝くおいしいつや姫ができた」など“収穫宣言”。吉村知事らに黄金色の稲穂を手渡した。
引き続き、つや姫の新米で作ったおにぎり、すし、カレーライス、ピラフなどの試食会が開かれた。席上、今月10日から12月末にかけて県内で放送されるテレビCMが紹介された。
2011/10/09 山形新聞

作家・阿川佐和子が10日、東京・千代田区で行われた山形県のブランド米「つや姫」の全国販売スタートイベントに登場した。「つや姫」は、日本で一番おいしいといわれている「『コシヒカリ』を超えるお米」をコンセプトに開発された山形県生まれのブランド米。以前から“お米好き”を公言していた阿川が今回、「つや姫」のCMに出演することになった。
阿川は「つや姫はまずお米だけで召し上がってほしい。冷めてこんなにおいしいお米、味があるお米があるのかって、びっくりしました」とアピール。
また、PRのために登場した阿川だったが、「(つや姫が)全国津々浦々にいかなくても、私がおいしく食べることができればそれでいいんだけど…っていう気持ちもあります」と発言。「それほど愛しています」と語り、あらためてお米好きであることを語った。
10/10 21:44 NEWS24

デビュー2年目を迎えた県産米「つや姫」の県外販売が10日に始まり、5キロ・グラムあたりで昨年よりも数百円程度高い価格で店頭に並んだ。東京・銀座のデパートでは、新潟県産コシヒカリの価格を上回った。関係者によると、放射能の影響を心配する客もいるというが、売れ行きは好調だという。
 東京・銀座の県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」では10日、2キロ・グラム1250円(昨年同期1200円)、5キロ・グラム3100円(同2780円)と値上げしたにもかかわらず、昨年の倍となる約500キロ・グラムを販売した。郷守武志副店長は、「昨年はじわじわと人気が出たが、今年は出だしから好調」と満足げだった。
 三越銀座店にある米販売店「米屋彦太郎」でも、5キロ・グラム3150円と、昨年より約400円値上げ。昨年は、ほぼ同じ価格がついていた新潟県産コシヒカリ(5キロ・グラム2940円)を上回った。しかし、「放射能が心配なので、東北の米は買わない」という客も見られるという。
 県県産米ブランド推進課によると、価格の上昇は、卸元になるJA全農山形と小売店との取引価格が上昇したのが主な原因。同課では、「昨年の売れ行きが良かったことや、価格が安すぎたという意見があったことから、強気の価格設定に出たのでは」と分析する。
 同課によると、8日に販売が開始された県内でも、昨年を300円ほど上回る5キロ・グラム2500円前後で店頭に並んでいる。
(2011年10月12日 読売新聞)

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 935円 | 東北 495円 | 関東・信越 605円 | 中部・北陸 715円 | 関西 825円 | 中国 935円 | 四国 1,045円 | 九州 1,265円 | 沖縄 1,980円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中
(8時~12時)

14時~16時

16時~18時

18時~20時

19時~21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。

最新情報

過去のお知らせ

発送カレンダー

  • 今月(2020年7月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)