» 2011 » 7月

何年か前の「はえぬき」「どまんなか」の失敗を糧に、ものすごいブランド化が図られていたことを知りました。
よくJAがOKしたなあ…と思うその戦略とは、
①特別栽培米及びそれに準ずる栽培内容であること
②栽培期間中の圃場確認が何度か入る・栽培記録の提出
③できた米のたんぱく含有量7.5%以上のもの及び3等以下のものはつや姫の標記はできない
これは厳しいですね。驚きました。
種もみも「作りたい」と言った農家全てに渡したわけではなく、3町以上の認定農家で上記条件を満たせる人のみ。
実は山形県の米栽培総面積の5%未満の面積でしか栽培されていないのです。
特別栽培でも何てことなかったのですが、慣行栽培の人から見ると上記の条件はけっこうハード。誰にでもできるという話ではなかったようです。

2010年のコメの作柄が6年ぶりの不良だった。今夏の高温による障害でとれたコメのほとんどが2等米となって買いたたかれた農家も多かったと聞く。全体的な作柄は「平年並み」と伝え聞くが、農家にとって厳しい夏であったことは間違いない。「北冷西暑」の予想は、あながち外れてはいなかったようだ。

ところが、この危機的な状況下で「希望の星」とも言える新品種のコメが話題を呼んでいる。「つや姫」だ。危機管理とは、「最悪を想定してそれに備えること」によって成し遂げられる。場当たり的で対症療法のような施策では、危機を乗り越えることはできない。新品種「つや姫」は、いまだ巷では地球温暖化懐疑論が散見される中で「地球温暖化による高温障害」と闘える新品種として企画開発されてきた経緯がある。過去に「農林1号」という新品種の改良で日本のおいしいコメのとれる北限が上がったことがあった。この長年にわたる地道で根気のいる作業は道徳の教科書にも掲載された。また、栽培するのが難しい「コシヒカリ」を商品化するためのこれまた気の遠くなるような努力の話も有名だ。

「打倒コシヒカリ!」を謳うのは、山形県発の「つや姫」。数々の食味試験でコシヒカリを上回ると言われる、目下注目のおコメなのです。
山形県内では主要ブランドに成長したものの、県外需要が業務用では伸び悩んでしまった「はえぬき」の失敗から学び、県外の生産者を許容した。
これにより本格的な全国視野でのブランディング、延いては「コシヒカリ討ち」を狙うこととなったのです。
「コメ戦国時代」といわんばかりに競争が激化しそうですね。日本の食品を扱うフードサービス業界は特に、今後も目を話せない話題です。

県産米の新品種「つや姫」を12年度に栽培する生産者の募集を県が15日から始める。県内生産者からの作付けの拡大を求める声もあり、作付け面積を11年度より3300ヘクタール増やし、2倍以上の約6500ヘクタールとした。生産量も3万2500トンを見込んでいる。
県産米ブランド推進課によると、10年秋にデビューしたつや姫は、10年度は2466ヘクタールで1万2915トンを生産。高温に強く、良食味米として売り出し、県内外から注目を集めた。しかし、売り切れが続き消費者の需要に応えられない小売店が出るなど、1年を通した販売が課題の一つだった。11年度は3200ヘクタール、1万6000トンを見込んでいる。
生産者の条件は11年度と同じで、水田経営面積が3ヘクタール以上または市町村平均の2倍以上であることや、つや姫の最低作付面積がおおむね60アール以上など。希望者は、各市町村農政担当課か総合支庁にある申請書で8月19日までに提出する。
毎日新聞 2011年7月7日 地方版【浅妻博之】

「つや姫」は、日本で一番おいしいといわれている「コシヒカリ」を超える品種の開発をコンセプトに、県産米の評価向上とともに、「米どころ山形」の評価向上を目指すため、1988年から約10年の歳月をかけて開発したブランド米とのこと。吉村美栄子山形県知事は、「今年、山形県の天候は異常続きで、春は低温、夏は記録的な猛暑、そして9月になっても残暑が続き、つや姫の田んぼが干からびるのではと心配したほど。しかし、つや姫は、山形県が技術の粋を集めて温暖化のために開発した品種であり、暑さに強いのが特徴。他県では例年よりも品質が低下していると聞くが、つや姫に関しては品質が落ちることなく収穫できている」と、猛暑によって逆につや姫の優れた品種特性が際立つ結果になったという。

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 935円 | 東北 495円 | 関東・信越 605円 | 中部・北陸 715円 | 関西 825円 | 中国 935円 | 四国 1,045円 | 九州 1,265円 | 沖縄 1,980円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中
(8時~12時)

14時~16時

16時~18時

18時~20時

19時~21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。

最新情報

過去のお知らせ

発送カレンダー

  • 今月(2021年9月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    翌月(2021年10月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    (      発送業務休日)