» 2012 » 1月

庄内の冬の味覚を代表する「寒ダラ汁」が、東京・銀座の県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で16日、振る舞われた。同店の冬キャンペーンの開始イベント。首都圏の人たちに山形の食の奥深さをアピールした。

二つの大鍋から湯気が上がり、酒かすの香りがほのかなに漂う。かすりに赤い前掛けの「庄内おばこ」が「食べてくれのー」と声を掛けると、店頭には長い列ができた。買い物客は、岩のりどっさりのおわんをすすると「あったまるね~」と笑顔。旬の味を楽しんでいた。用意した300食分の鍋は1時間ほどで空になった。

会場には新春の訪れを告げる本県特産の啓翁桜が飾られ、県内の地酒や県産米「つや姫」のおにぎりのプレゼントも。これに先立ち、県人東京連合会の三沢潔子会長、同店の物販部門を運営するYYC共同企業体代表の本間満チェリーランドさがえ社長らが鏡開きを行った。

冬キャンペーンでは来月17日まで納豆汁やそばの振る舞い、啓翁桜のプレゼントなどを展開する。
2012年01月16日 山形新聞

島根県は、ポストコシヒカリとして期待するコメの新品種「つや姫」を、県の奨励品種として採用する方針を固めた。最近3年間の実証栽培に基づく収量の安定性などを踏まえた。2012年度から農家に種もみの供給を始め、当面は平野部の作付面積の約1割に当たる300ヘクタールで生産態勢を整える。

近年、猛暑の影響で出雲市など平野部を中心にコシヒカリの生育状況が悪化したことを受け、県は暑さに強いつや姫を導入する準備を始めた。11年度は農業技術センター(出雲市)のほ場を含む県内約2ヘクタールで実証栽培を進め、収穫後は県民を対象にした試食会も重ねてきた。

13日には、同センターで農協や消費者団体の代表たち50人を集め「温暖化対応水稲新品種導入対策プロジェクト会議」を開いた。コシヒカリに比べ収量が多く、米粒の見た目が良い上、味も同程度との調査結果を公表。奨励品種として、今月下旬に開く県の審査会に諮ることを決めた。
2012/01/15 中国新聞

つや姫レディから米俵を受け取る蔵王温泉観光協会の斉藤長右衛門会長(右)=山形市・蔵王体育館  山形市蔵王温泉スキー場で30日から開かれる第61回全国高校スキー大会に出場する全国の選手らに宿泊地で県産米「つや姫」を味わってもらおうと、山形つや姫ブランド化戦略推進本部(本部長・吉村美栄子知事)は25日、蔵王温泉観光協会(斉藤長右衛門会長)に500キロを贈呈した。

 贈呈式は蔵王温泉の蔵王体育館で行われ、武田一夫県県産米ブランド推進課長が「全国の高校生に『つや姫』のおいしさを知ってもらい、それぞれの地元に戻ってから、PRしてもらうことを望みたい」とあいさつ。つや姫レディの石川阿沙恵さんが斉藤会長に米俵をプレゼントした。

 過去、県内で開かれた高校スキー大会では選手らからご飯への厳しい“声”が出たこともあり、県外関係者の米どころ山形に対する期待は大きい。斉藤会長は「食で全国の選手、大会関係者のもてなしをするのに当たって『つや姫』の贈呈は強い味方を得た気持ち。日本一安全でおいしい米をしっかりアピールしたい」とお礼を述べた。
2012年01月26日 山形新聞

◇食味や外観などで
温暖化に対応する米の新品種導入を検討していた県のプロジェクト会議は、新たな奨励品種の候補として「つや姫」を選んだ。食味や外観が良いほか暑さに強く、高温による質の低下が起きやすいコシヒカリに代わる品種として平野部での普及が期待される。
県農畜産振興課によると県内の水稲栽培面積の約7割はコシヒカリだが、平野部では高温障害によるコシヒカリの品質低迷が課題となっている。県は昨年度、同会議を設置して新品種の検討を開始。山形県産の「つや姫」と県産の「島系68号」を比較していた。
出雲市内で13日に開かれた会合には、県やJA、流通販売業者の担当者ら約50人が出席。食味や外観品質などで優れる「つや姫」が選ばれた。今月末にも開かれる県の審査会で奨励品種に決まれば、来年度から本格的な栽培が始まる。県農畜産振興課の持田守夫課長は「主力がコシヒカリというのは変わらないが、平たん地域の救世主的な品種となれば」と期待を示した。
毎日新聞 1月17日

香港の高級スーパー「シティ・スーパー」で東北各地の特産品をPRする恒例の「みちのくフェア」が開かれている。本県産はスーパーの定番商品となっている「つや姫」や豚肉、デザートなどが並ぶ。旧正月前の需要を取り込み、売れ行きは好調で、商品ブランドは着実に浸透しているようだ。

 フェアは6~29日開催。本県からは鬼嶋庄一郎商店(山形市)が「つや姫」と特別栽培の「はえぬき」を出品。他にも村上畜産(米沢市)の豚肉「天元豚」、和歌山産業(東根市)のゼリー、県食肉公社(山形市)の食肉加工品などを展示販売している。

 「つや姫」は昨年のフェア出品を契機に、定期的に輸出されるようになったという。消費者からは香りの良さや食感などが好評。「つや姫」と「はえぬき」とも2キロ入り2200円前後で販売されている。食味に加え斬新なパッケージが目を引き、新規購入の他、両方を買って食べ比べを楽しむ消費者もいる。日本を代表するブランド豚として定着する「天元豚」も旧正月前の需要を取り込み、売り上げを伸ばしているという。

 香港は“ショーケース”とも称され、中国本土という巨大市場へつながる入り口としての期待がある。現地で本土の富裕層が高級品を購入していくケースも目立ち、フェアの様子を熱心に撮影する中国人も多いという。県貿易コーディネーターの漆原意氏は「香港の高級百貨店・スーパーは本土の富裕層へのPRの場ともなっており、高級小売店での取り組みはより重要性を増している」と指摘する。
2012年01月20日 山形新聞

3 ページ中 1 ページ目を表示 123

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 700円 | 東北 400円 | 関東 450円 | 信越・北陸・中部 500円 | 関西 550円 | 中国 850円 | 四国 950円 | 九州 1,050円 | 沖縄 1,250円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中

12時ー14時

14時ー16時

16時ー18時時

18時ー20時

20時ー21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。











発送カレンダー

  • 今月(2017年8月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)