» 2011 » 10月

山形県のブランド米「つや姫」のPRに「つや姫レディ」の草間静香さん(23)▽芳賀美咲さん(24)▽石川阿沙恵さん(21)の3人が5日、千代田区の毎日新聞とうきょう支局を訪れた。

つや姫は昨年、山形のブランド米として売り出され、今年は10日から首都圏での販売が始まる。うまみ成分のグルタミン酸が多く含まれ、さめてもおいしく食べられるのが特徴という。

レディの石川さんは「山形のおいしいつや姫を食べてけろなあ」と山形の方言でPRした。
毎日新聞 2011年10月6日

県内の旬の味を集めた「やまがた産直市」が27日、東京のJR上野駅で始まった。果物や新米、地酒などが並び、ひっきりなしに行き交う買い物客や観光者に本県の食の豊かさをアピールしている。
中央改札前のコンコースに設けられたブースには、秋の味覚がずらり。ラ・フランスや県産米「つや姫」が真ん中に置かれ、真っ赤なリンゴ、ツヤツヤの庄内柿が彩りを添える。白菜に里芋、純米酒やワイン、地ビールも。
各店の担当者とともに、ミス花笠や「つや姫レディ」が「おいしい山形」を売り込み、観光をPR。米沢市のマスコットキャラクター「かねたん」も応援に駆け付け、子ども連れを引きつけた。
産直市はJR東日本が「地域再発見プロジェクト」の一環として開催。県とやまがた観光キャンペーン推進協議会との共催となっている。29日まで。ミス花笠らが連日、花笠踊りや、正解者に「つや姫」を贈るクイズ大会を繰り広げる。
2011年10月27日 山形新聞

県内で2011年産米の流通が本格化する中、小売価格は昨年同時期に比べて高値で推移している。JA系統出荷の場合、デビュー2年目の「つや姫」は昨年に比べて5キロ当たり300~400円高い店頭価格が目立ち、「はえぬき」など多くの新米が値上がり傾向にある。JA全農山形は県産米の安全宣言を追い風に販売促進につなげたいとしている。
10年産つや姫の県内小売価格は、5キロ2180円が主流だった。11年産つや姫は8日に県内販売が始まったが、県内量販店の価格設定は、これより300~400円高い5キロ2480円か2580円が多い。
一方、県産主力品種「はえぬき」は、特売で5キロ1700円前後で売る量販店もあるものの、総じて昨年より高値だという。
価格上昇の要因は、東日本大震災後の品薄感などで11年産米の需要が高まり、卸業者からの引き合いが強くなったためとみられる。JA全農山形は卸業者との間で結ぶ相対取引価格で「つや姫」を60キロ当たり1万8000円(10年産終値1万6000円)、「はえぬき」を1万4500円(同1万2000円)などに設定。「つや姫」が販売価格で目標にする新潟産コシヒカリ(一般)の相対取引価格は1万7500円で、「つや姫」が500円上回っている。
小売価格に連動する相対取引価格の引き上げについて、JA全農山形は「昨年と比べて需給環境が大きく違う」と説明。「つや姫」に関しては「新潟産コシヒカリ以上を掲げる県を挙げたブランド戦略に沿って価格を上げた」と話す。
都内の百貨店などで「つや姫」を取り扱う米穀専門店は、5キロ3150円で販売。前年同期比で500円近く値上げし、新潟産コシヒカリ(一般)より100円ほど高くしたという。都内の大手卸業者は「この価格設定で売れるかどうか、消費者の反応を見る必要がある」としている。
10/14 山形新聞

県内で2011年産米の流通が本格化する中、小売価格は昨年同時期に比べて高値で推移している。JA系統出荷の場合、デビュー2年目の「つや姫」は昨年に比べて5キロ当たり300~400円高い店頭価格が目立ち、「はえぬき」など多くの新米が値上がり傾向にある。JA全農山形は県産米の安全宣言を追い風に販売促進につなげたいとしている。
10年産つや姫の県内小売価格は、5キロ2180円が主流だった。11年産つや姫は8日に県内販売が始まったが、県内量販店の価格設定は、これより300~400円高い5キロ2480円か2580円が多い。
一方、県産主力品種「はえぬき」は、特売で5キロ1700円前後で売る量販店もあるものの、総じて昨年より高値だという。
価格上昇の要因は、東日本大震災後の品薄感などで11年産米の需要が高まり、卸業者からの引き合いが強くなったためとみられる。JA全農山形は卸業者との間で結ぶ相対取引価格で「つや姫」を60キロ当たり1万8000円(10年産終値1万6000円)、「はえぬき」を1万4500円(同1万2000円)などに設定。「つや姫」が販売価格で目標にする新潟産コシヒカリ(一般)の相対取引価格は1万7500円で、「つや姫」が500円上回っている。
小売価格に連動する相対取引価格の引き上げについて、JA全農山形は「昨年と比べて需給環境が大きく違う」と説明。「つや姫」に関しては「新潟産コシヒカリ以上を掲げる県を挙げたブランド戦略に沿って価格を上げた」と話す。
都内の百貨店などで「つや姫」を取り扱う米穀専門店は、5キロ3150円で販売。前年同期比で500円近く値上げし、新潟産コシヒカリ(一般)より100円ほど高くしたという。都内の大手卸業者は「この価格設定で売れるかどうか、消費者の反応を見る必要がある」としている
2011/10/14 山形新聞

県産米「つや姫」の販路拡大に向け、県は週明けの24日、すべての電話機の保留音を「つや姫」のテレビCMで流すメッセージに切り替える。「つや姫」がデビューした10年度に続く取り組み。
県によると、県職員らが受け取った電話で、通話を一時中断する際、保留機能を兼ねる「転送(フラッシュ)」を押すと、相手側に「つや姫」のCMメッセージが流れる仕組み。
「つや姫」のテレビCMは22日、首都圏と県内で放映開始の予定。作家阿川佐和子氏と男性ナレーターが「いい香り」「山形の『つや姫』、今年も納得の新米ができました」などと語りかける。
県内では12月いっぱいCMを放映予定で、これに合わせて保留音でのメッセージ活用は12月28日まで。対象は県庁と県議事堂の約900台すべての電話機。
県の電話機は現在、「転送」を押すと山形県民の歌「最上川」が流れる。
2011年10月22日 山形新聞

4 ページ中 1 ページ目を表示 1234

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 700円 | 東北 400円 | 関東 450円 | 信越・北陸・中部 500円 | 関西 550円 | 中国 850円 | 四国 950円 | 九州 1,050円 | 沖縄 1,250円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中

12時ー14時

14時ー16時

16時ー18時時

18時ー20時

20時ー21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。











発送カレンダー

  • 今月(2017年4月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    翌月(2017年5月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)