» 2012 » 5月

米沢産米のPRを狙い毎年実施している田んぼアートの田植え体験が27日、米沢市簗沢で行われた。ことしは県産米「つや姫」の苗が初めて使われ、米沢藩中興の祖とされる上杉鷹山を表現する。

 県内外から家族連れら約320人が参加。泥だらけになりながらも約37アールの田んぼに、特別に作付けを許可されたつや姫をはじめ、黄と紫の2色の古代米、白の「ゆきあそび」の苗を下絵に沿って植えていった。同市西部小5年斎藤開君(10)は「田植えは初めて。泥の感触が初めは気持ち悪かったけど、一生懸命やっていたら気にならなくなった」と笑顔だった。順調に生育すれば、6月下旬ごろに鷹山の姿と「なせば成る」「つや姫」の文字がはっきりと浮かび上がる予定。図柄は近くの高台から全景を楽しむことができ、稲の生育状況はインターネットでライブ映像を流す。
2012年05月28日 山形新聞

記録的な大雪に伴い、県内の田植え作業の遅れが懸念されていたが、県全体の田起こしは平年並みの今月3日にピークを迎え、続く移植作業も平地を中心に各地で順調に進んでいる。県は「(田植え作業は)土日の12、13日に庄内で本格化し、内陸の一部で始まりそうだ」とみている。
今冬の大雪の影響で中山間地の一部で遅れはあるが、平地での作業はおおむね順調という。県生産技術課は「4月10日以降、天候が回復したことで水田が十分に乾燥し作業が進んだ」と説明する。今秋、デビュー3年目を迎える県産水稲品種「つや姫」については「田植えの適期は庄内が10日前後、内陸が15日前後。高い品質のものを育てるため、生産者には他品種よりも優先的に移植作業を進めてほしい」としている。
2012年05月11日 山形新聞

店舗や営業担当者を抱えず、生命保険商品をインターネットで販売する「ネット生保」が好調だ。大手生保の半分程度の保険料や商品設計の分かりやすさが受け入れられ、契約数を伸ばしている。生保業界での契約シェアはまだわずかだが、新規参入が増えつつあり、市場での存在感は高まっている。産経新聞

商品開発による地域活性化などを行う企業「MNH」(東京都)と、山形のPRに取り組んでいる本県出身女性の事業組織「GLY OFFICE」(同)が、地域資源を生かし商品企画などに取り組む新会社を庄内町に設立した。既存の事業所などと連携し、地域に仕事を生み出す。第1弾として町の資源を生かした「出羽三山銘菓 黒かすてら」をきょう25日に発売する。
「黒かすてら」も庄内町の食材、人材を生かして企画した。県産米「つや姫」の米粉を材料に使い、町内の菓子メーカーが加工。味はプレーンとしょうゆ味の2種類で、しょうゆは地元業者の製品を使う。包装は障害者多機能型施設に発注した。税込み380円で、町をPRする土産物として庄内観光物産館(鶴岡市)などに出荷する予定。
2012年04月25日 山形新聞

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 700円 | 東北 400円 | 関東 450円 | 信越・北陸・中部 500円 | 関西 550円 | 中国 850円 | 四国 950円 | 九州 1,050円 | 沖縄 1,250円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中

12時ー14時

14時ー16時

16時ー18時時

18時ー20時

20時ー21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。











発送カレンダー

  • 今月(2017年8月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)