» 2011 » 11月

食の甲子園決勝大会には全国のブロック予選を勝ち抜いた6校と県予選を通過した東根工業と山辺高校のあわせて8校が出場した。
実技審査では各校とも野菜や海産物など地域の自慢の食材を使い独創的なアイデアで調理を進めた。
東根工業のこだわりはおにぎり。つや姫の色づけには紅花を使った。料理のタイトルは「山形元気膳」東根名物の焼き麩を詰めたカツや納豆汁を地元の旧家に伝わるお膳に盛り付けた。
山辺高校チーム。お浸しの赤根ほうれんそうやすり身にして揚げ物に使った鯉は、地元の生産者に直接取材を重ねながら調理法を考えた。自慢の肉団子は、伝統野菜の悪戸いもと地元の舞米豚が材料だ。
審査にあたった料理研究家やプロの料理人たちは、高校生の手際のよさや豊富なアイディアに感心している様子だった。審査の結果全国一位・最優秀賞にあたる県知事賞には山辺高校の「和~山形食文化の輪~」が選ばれた。
メンバーは食物科の3年生3人だ。長く受け継がれてきた地域の食文化が少しずつ失われていく中で高校生たちの地域への思いが光の輪に浮かび上がった。
11月28日 山形放送

全国の生産者や高校から出品されたコメを一堂に集め、食味計を使わずに人間の舌だけで決める「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」の決勝大会が26日、庄内町のJA庄内たがわ新余目基幹支所で開かれた。
一般部門は、鮭川村の八鍬(やくわ)修一さん(62)が栽培した「つや姫」が、「日本一」の最優秀賞を獲得した。東北勢は地元、庄内農高の「ミルキークイーン」が次点の優秀賞。
3度目の出品で初の栄冠に輝いた八鍬さんは「今年は雪が多く、気温の低い時期が長かったので大変だった。つや姫が日本一おいしいコメであることが証明できてうれしい」と話した。
昨年新設された高校生部門の最優秀賞には、一般部門で優秀賞だった庄内農高が選ばれた。東北勢は磐城農高(福島)が優秀賞、置賜農高(山形)が優良賞。
コンテストは、コシヒカリやササニシキなどのルーツとして知られる「亀ノ尾」の育成者・故阿部亀治氏が庄内町出身であることから企画。一般部門に409点、高校生部門には24校から31点の応募があった。
決勝大会には予選を突破した一般の30点、高校の6点がエントリー。15人の審査員が味や香り、粘り具合などを食べ比べながら「おいしいコメ」を選んだ。
2011.11.27 産経新聞

三川町は1日から、町内の小中学校計4校の学校給食で、町内産の新米「つや姫」の提供を始めた。初年度として来年3月まで、週4日の米飯給食でつや姫を使用する。県学校給食会によると、単発の給食ではなく、一定期間連続してつや姫を給食で提供する取り組みは、同日から始まった河北町とともに県内初めて。
県の新しいブランド米として注目を集めるつや姫を子供たちに味わってもらうとともに、町内の基幹産業である農業について理解と関心を深めてもらおうと、町独自の三川産米飯給食支援事業として初めて実施。これまで使用していたはえぬきより割高になる食材購入費の差額を、町と庄内たがわ農協が連携して補助する仕組み。横山、押切、東郷の3小学校と三川中の計4校で実施する。
つや姫給食初日となった1日、東郷小学校(池田幹夫校長、児童113人)では、ランチルームで記念行事。鈴木孝純教育長が「米という字はお百姓さんが八十八の苦労をして育てたことを表す。命を頂く感謝の気持ちを」、生産者代表で町有機米栽培者協議会会長の大瀧慶一さん(東沼)が「おいしいものは心を豊かにし、体を元気にする。つや姫を食べて元気に育って」とそれぞれ子供たちに語り掛けた。
代表児童の掛け声でみんなで「いただきます」。この日の献立はつや姫ごはんとサケのみそマヨ焼き、野菜炒め、サトイモなどが入った「のっぺい汁」。6年生の伊藤龍乃介君は「いつものご飯よりもちもちして甘みがあっておいしい。これから毎日食べられるのでうれしい」と笑顔を見せていた。

2011年11月3日 庄内日報より

企業誘致に向け、本県の投資環境や支援策を紹介する県のインダストリアルセミナーが16日、東京・九段のホテルで開かれた。
首都圏の経営者ら約150人が参加した。慶応大先端生命科学研究所(鶴岡市)の冨田勝所長が研究成果を説明。県産米の新品種「つや姫」やだだちゃ豆などのメタボローム(代謝物質)解析で地元企業と連携しており、ベンチャー企業も2社設立したことを挙げ、「研究所や大学の首都圏への集中はナンセンスだ。独創的な研究のためには感性やひらめきが大事。鶴岡のような自然豊かな所で腰を落ち着けて取り組まなければ、それは出てこない」と強調した。
引き続き、ハードディスクメディアの開発・製造を手掛ける昭和電工HD山形(東根市)の岩出斉常務事業所長が県内での先端技術事業を報告した。
2011年11月17日 山形新聞

農林水産省は21日、2011年産米の検査結果(10月末時点)を発表した。県産米全体の1等米比率は、品質低下が目立った前年同期に比べ17.9ポイント上回る94.0%だった。「はえぬき」「コシヒカリ」が95%を上回る高水準だったが、「つや姫」は91.4%で前年同期比で6.6ポイント下回った。
11年産の県産水稲うるち玄米の検査数量は20万6908トンで、前年同期比95.3%。県内の主な品種別1等米比率は「コシヒカリ」(検査数量1万6792トン)が95.9%、「はえぬき」(同13万7078トン)が95.6%、「ひとめぼれ」(同2万3812トン)が94.4%、「つや姫」(同1万1065トン)が91.4%、「あきたこまち」(同1万1619トン)が84.8%だった。
10年産つや姫は、他品種が猛暑の影響で1等米比率を大幅ダウンさせる中、98%台の高い水準を記録し全国的に注目を集めた。11年産が前年同期比を下回ったことについて、県産米ブランド推進課は「他と比べて登熟期が遅いことなどにより、9月上旬の台風の影響で十分に粒が成長できなかったことが要因」と話している。
全国の1等米比率は82.3%で前年同期比で19.2ポイント上がった。
2011年11月21日 山形新聞

4 ページ中 1 ページ目を表示 1234

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 700円 | 東北 400円 | 関東 450円 | 信越・北陸・中部 500円 | 関西 550円 | 中国 850円 | 四国 950円 | 九州 1,050円 | 沖縄 1,250円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中

12時ー14時

14時ー16時

16時ー18時時

18時ー20時

20時ー21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。











発送カレンダー

  • 今月(2017年4月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    翌月(2017年5月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)