» 2011 » 9月

県は28日、県産米の「つや姫」や「コシヒカリ」などを対象にした放射性物質検査の結果について、調べた全地点とも「不検出」だったと発表した。国の基準に基づく本調査の対象となった「はえぬき」「ひとめぼれ」「あきたこまち」などの品種はすでに「不検出」の結果が出ており、これで主な県産米はすべて安全な米として出荷される。
 県は「ブランド米として安全のお墨付きを得る」ため、本調査とは別に独自の調査を実施。「つや姫」は44地点で、「コシヒカリ」は検査を希望した山形市など12地点で、「出羽燦々(さん・さん)」などの酒米は4地点で20~26日に採取し、25~27日に民間機関で検査した。
 放射性セシウムが1キロあたり20ベクレル以上だと検出される感度の検査で、20ベクレル未満は「不検出」となる。
 検査結果を受け、つや姫を栽培している寒河江市の農業土屋喜久夫さん(58)は「大丈夫だとは思っていたが、本当によかった。東京や大阪には山形のコメは危ないと思っている消費者もいるはず。『つや姫は安心』と思ってもらうためにも独自検査はありがたかった」と喜んでいた。
 県産米ブランド推進課の担当者は「これを弾みに、つや姫のPR活動に力を入れていきたい」と話す。つや姫の販売は県内は10月8日から、県外は10月10日からの予定。(奥田貫)
2011年09月29日 asahi.comより

2011年産米の放射性物質検査に伴い、県が独自に晩生(おくて)品種「つや姫」などの検査を行った結果、調査した全60カ所で放射性セシウムは「不検出」だった。8月下旬に始まった収穫前の予備調査(調査地点44カ所)、収穫後の本調査(同231カ所)と続いた県産米の一連の検査が終了、いずれも「不検出」で県産米の安全が確認された。28日の県議会農林水産常任委員会で県が報告した。
今秋デビュー2年目の「つや姫」をメーンとするブランド戦略調査として、県は20~26日にかけて「つや姫」のサンプルを旧市町村単位の44カ所で採取した。併せて自治体や生産者組織から要望があった晩生品種「コシヒカリ」(12カ所)、酒造好適米「出羽燦々(さんさん)」(3カ所)「美山錦」(1カ所)のサンプルをそれぞれ採取し、県内2カ所の分析機関で25~27日に計60検体を調べた。
県はこれまでに国の指針に沿って予備調査、本調査の2段階で11年産米の放射性物質検査を実施。両検査でいずれの地点も放射性セシウムは「不検出」で、19日に県内全てのコメ農家の出荷自粛を解除した。検査は国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を大きく下回る20ベクレル未満を「不検出」とする方法で行われた。
一連の検査の終了を受け、今田正夫JA山形中央会長は「県内全地点で放射性物質が検出されず安堵(あんど)している。消費者に安心して『つや姫』など県産の新米を食べてもらいたい」とコメントした。
2011年09月29日 山形新聞

東京電力福島第1原発事故の発生に伴う2011年産米の放射性物質検査の本調査で、対象となった県内全231カ所で放射性セシウムが「不検出」だったことを踏まえ、県などは24日、山形市の山形グランドホテルで「山形の米おいしさ安全アピール大会」を開き、吉村美栄子知事が本格的な出荷時期を迎える県産米の安全を宣言した。
主催者を代表し、吉村知事は「県内231カ所で本調査を実施したが、放射性物質は『不検出』で、安全性が確認された。おいしく安全な県産米をお届けすることを宣言する」と述べ、全国の消費者と販売業者らに向け、11年産県産米の安全をアピールした。
生産者を代表して山形ガールズ農場代表の高橋菜穂子さん(30)=村山市、山形つや姫マイスターの石山一穂さん(37)=東根市=が「放射性物質検査が無事に終了し、安心している。山形のコメを待っている多くの消費者においしいコメを届けたい」などと力強く抱負を述べた。
県産米の順調な販売を目指し、ともに県立置賜農業高生物生産科3年の諸橋雅嗣さん(17)=米沢市、鈴木将道さん(18)=高畠町=が応援メッセージを寄せた後、県産米のおいしさと安全性を伝えるキャラバン隊に対し、吉村知事がPRグッズを贈呈した。
大会の終了後、「つや姫レディ」とJA職員らで構成する同隊は山形、鶴岡両市内のスーパーで11年産米のキャラバンを開始、買い物客らに対し、県などが30万部作製したリーフレットを配布しながら県産米をPRした。
農水省の指示で、県は1950(昭和25)年2月時点の旧市町村単位で本調査を実施。検出した数値は全ての地点で国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を大きく下回る20ベクレル未満の「不検出」だったが、依然として風評被害が懸念されるため、大会は県、新・米づくりやまがた日本一運動推進本部(本部長・菅野滋県農林水産部長)、山形つや姫ブランド化戦略推進本部(同・吉村知事)が主催した。
2011/09/25 山形新聞より

2年目の販売開始を控えた県産オリジナル水稲品種「つや姫」をPRしようと、山形つや姫ブランド化戦略推進本部(本部長・吉村美栄子知事)は25日、新庄市の県立農業大学校で稲刈りイベントを行い、同校の学生や新庄神室産業高の生徒と吉村知事が、黄金色に実ったつや姫を刈り取った。
同校では、4年前からつや姫の栽培に取り組んでおり、ことしは5月に40アールの圃場に田植えした。吉村知事は学生、生徒らと鎌を使って稲刈り。刈り取った稲は、天日干しにするためくい掛けした。学生や生徒、関係者ら約70人が参加した。
吉村知事は「県外でつや姫の知名度をさらに高めるには、この2年目が正念場。全国のトップブランドにするため、先頭に立って売り込んでいきたい」と決意を語った。ことしのつや姫は、県内で10月8日、首都圏では同10日に発売。山形市と東京都内で、販売開始に合わせてイベントが開催される。
2011年09月25日 山形新聞より

県は21日、県産米「つや姫」の放射性物質を調べる「ブランド戦略調査」を始めた。
同調査は、「つや姫」の安全性を公表し、ブランドを守るために県が独自に実施。「平成の大合併」以前の44旧市町村ごとに調査する。サンプル稲から採取した玄米を県内2か所の検査機関で調べる。
21日は、三川町の水田を県職員らが訪れ、検査する玄米約2キロ分の稲を刈り取った。調査結果は、今月末までに公表される予定。
県が県内全35市町村の計231か所で実施したコメの放射性物質調査では、放射性セシウムは検出されなかった。
(2011年9月22日 読売新聞)

4 ページ中 1 ページ目を表示 1234

■ご注文から商品到着まで■

クレジットカード

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
ご贈答もご利用いただけます。

代金引換

17:00までのご注文は、ヤマト運輸にて即日発送(日曜・祝日を除く)いたします。
別途手数料がかかります。
クレジットカードでの支払いも可能です。


銀行振込

ご入金確認後、24時間以内にヤマト運輸にて発送いたします。

■配送について■

クロネコヤマト宅急便

配送はクロネコヤマト宅急便を使用します。

送料は下記の通りです。
北海道 700円 | 東北 400円 | 関東 450円 | 信越・北陸・中部 500円 | 関西 550円 | 中国 850円 | 四国 950円 | 九州 1,050円 | 沖縄 1,250円


お届け時間帯の指定ができます。

午前中

12時ー14時

14時ー16時

16時ー18時時

18時ー20時

20時ー21時

■プライバシー保護について■

当店では、商品購入・プレゼント応募・お問い合わせ等により得た個人情報は、下記の場合を除き第三者へ漏らすことはございません。
・事前に本人の承諾を得た場合
・管轄官公庁の要請があった場合
・弊社の権利や財産を保護する必要が生じた場合
なお、クレジットカードの番号などについては、SSL技術により、暗号化して情報送信されます。

■返品・交換について■

万一到着時に商品の不良・破損があれば、同等品と交換いたします。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。返品送料は弊社負担とさせていただきます。
お米は食品ですので、未開封でも品質の劣化がございます。
お客様のご都合による返品は、商品の特性上お受けしておりません。











発送カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)